配偶者が失踪してしまい生死不明になった場合、3年以上たてば無条件で離婚できるようになります。
gf0780078654l
しかし実際他に結婚したい人が現れた場合や、配偶者に借金がある場合など早急に離婚したい場合もでてきます。
そのような場合には悪意の遺棄により離婚する事ができます。悪意の遺棄とはそうなることを認識していながら放っておくという意味で、配偶者が生活費を渡さなければ生活に困る事がわかっているのに渡さないとか、同居して協力して家庭を築いていかなければ家庭生活が成り立たないのに他に居を構え住んでいるなどがこれにあたります。悪意の遺棄が認められるには同居義務違反、扶養義務違反、協力義務違反の婚姻の義務に違反している事が条件となります。
世の中には仕事のために別居せざるをえない夫婦や、夫婦関係を見直すために別居する夫婦もいますがこのような場合には悪意の遺棄とは認められません。配偶者のいずれかが一方的に婚姻の義務を放棄した場合に認められるものです。悪意の遺棄があったと認められた場合は別居期間が短い期間であったとしても離婚が認められたケースがあります。
失踪して生活費を渡さず連絡もしてこない場合には、悪意の遺棄があったとみなされ裁判所に申し立てをすれば3年を待たずして離婚が成立する可能性が高くなります。