近頃では、景気も随分と回復してきました。
                                                           

そのためか、求人情報誌や職業安定所でも沢山の求人が掲載されています。
しかし、まだまだ世の中は不況であり、金銭的に苦労する人も少なくありません。
これは家庭生活にも言えることで、夫の収入が少なくなり、借金をして家計をやりくりする妻もいるようです。
                                                                               

それに、子供が生まれたりすると、どうしても家が手狭になり、住宅ローンを組んで広い家を購入するケースもあります。
これは、夫の収入に合わせた物件価格なら良いのですが、中に身の丈に合わないような高級な注文住宅を建ててしまい、結果的にローンが払えなくなってしまう問題もあります。
自己破産などもこのような理由から行うこともあり、家を購入する場合には注意が必要です。
生活苦からパートに行く妻もいますが、やはりパート程度の給料ならば、なかなか家計が難しく、フルタイムは子供が小さくて無理だと言う場合には、風俗などの仕事を選ぶ人も中にはいます。
夫が納得していればいいですが、やはり夫には言いにくく、黙って働いている女性も沢山います。
このような問題が夫に発覚した場合には、大抵は許すケースが多いようですが、中にはどうしても許せない、離婚したいと言う夫もいます。 
                                                                                      

しかし、元々は遊んで出来た借金ではありませんし、生活の上での借金ですので、妻が有責になることはほとんど無いようです。
逆に妻が頑張っているのに、夫が努力をしていないと追求されることもあります。
いずれにしても、何か買い物などをする時は、支払うことが可能なのか、生活に支障は出ないかなどをきちんと考え、暮らすことが大事です。