結婚生活は非常に幸せなものである、というイメージがありますが、実際には、30%程度のカップルが離婚に至っているという現状があります。
                                                                

このように、離婚が成立するまでの過程には、様々な種類があるのですが、基本的には、一方、あるいは双方の不貞行為が原因となっている場合が多いようです。基本的には、離婚の際には、双方の同意が得られる場合が多いですが、場合によっては同意が得られずに、騒動が泥沼化してしまうケースもあります。基本的には、離婚が成立する条件としては、婚姻を継続しががたい重大な事由が認められる場合のみとなっています。
                                                                            

ですから、一般的に離婚が成立するよりも、離婚の成立要件は厳しくなっているのです。特に、その事由として認定されることが、一方、あるいは双方の不貞行為、一方からの暴力的行為、育児の放棄、労働の放棄などです。精神的な事情、経済的な事情、身体的な事情に分けられるのですが、このような場合には、同意がなかった場合でも、裁判所から離婚の調停が出されることが多く、法的な拘束力を有した状態で離婚を成立させることが可能になります。ですから、離婚に関して悩んでいる場合には、裁判所に提訴してみることで、法的に簡潔に解決させることも可能です。