民法で定められている法廷離婚原因の一つである「3年以上の生死不明」とは、生きているのか死んでいるのか分からない状態が3年間続いている状況ということです。
                                                                                       

「3年以上の生死不明」に該当するのはどのようなケースかというと、まず最後の音信、つまり生存を証明する最後の事実のときから起算して3年経過していること、そして生死不明であるということが客観的に証明されている、という条件が満たされた場合ということになります。
                                                                                       

客観的な証拠とは、警察への捜索願いの提出、配偶者の知人や勤務先などへの陳述書、新聞等への掲載、その他八方手を尽くして捜索を試みけれども見つけられなかった、という事を証明すること等です。所轄の警察署に家出人捜索願いを出し、それが受理された場合事実証明書願いを出すと「捜索願受理証明書」が入手できます。
                                                                       

生死不明の期間が3年未満の場合でも離婚の請求はできます。例えば配偶者が家庭を捨てて出て行ったり、仕事のために別居しているが生活費を送ってこなくなったというような場合は、離婚事由があるということになり3年を待たずに離婚できます。ただこの場合も十分な捜索を行ったことを客観的に証明する必要があります。