別れるための準備はどれ位出来ていますか。
                                                            

例えば、生活実態について細かく記載したも、その中には家事の放棄、セックスレス、子育てに協力してくれないなど、日々の不満でもいいのです。
次に必要なのは、それらの証拠となり得る書類や写真類でしょうか。
実際の生活を分かって貰えるものと、証言してくれる方々が必要になります。 
                                                                     

本来は生死不明であれば三年との規定がありますが、それを踏まえ三年以内であっても離婚できる事実を揃えなければ、かなり難しい案件です。
配偶者の不貞が確実で家に帰らず行方不明である。
全く連絡が取れないか、連絡しても返信および返事がなく、結婚生活の維持を放棄している。
そう言った出来事の一つでも何かしら訴え得る出来事、事実がないと三年の規定を覆すのは大変です。
生死不明と言ってもそれが事実なのか裁判所で確認が取れなければ、恐らくたった一回で返される可能性があります。
                                                                            

詐欺、詐称といった懸案の部類と判断されれば、離婚は不可能でしょう。
しかし、お相手が外国人の場合は多少違う判断が下されます。
夫婦としての生活実態が数日で、その後は全く行方が分からない事が証明されれば、割と簡単に離婚手続きへと進める様ですので、諦めずにご自分の訴えたい事柄を整理してまとめましょう。
その上でご貴方が騙されていたという事を裁判所が認めてくれれば、全く問題なく離婚出来ます。