不貞行為の定義

| 未分類 |

不貞行為とは、いわゆる浮気のことです。
shutterstock_97489289
法律的には、「結婚している人が、自由意思に基づき、配偶者以外の人と性的関係を結ぶこと」と定義されています。
夫婦間にはお互いに貞操を守る義務があるので、これに反して配偶者以外の人と肉体関係を持った場合、相手方はそれを理由に離婚の請求をすることができます。
この請求をするには、請求する側が相手方の不貞行為を立証する必要があります。
その際に証拠となりうるのは、「性行為を確認できる、もしくは推認できる物」です。
ですから、配偶者が他の異性とドライブをしたり、メールのやり取りをしていたとしても、肉体関係がなければ不貞行為にはなりません。
                                                                   

法的には、肉体関係があったかどうかということが重要なのです。
しかし、プラトニックな関係だったとしても、それが夫婦関係を破綻させる物であれば、離婚請求は可能です。
ただ、不貞行為には該当しないので、慰謝料の請求は難しいでしょう。
また、たとえ1回でも肉体関係があれば、不貞行為となります。
ただし、裁判で認められるには、ある程度は継続した関係でないと難しいと言えます。
とはいえ、一度だけの関係であっても、上記と同じくその事実が夫婦関係を破綻させる物であれば、離婚事由になりうる可能性はあります。