近頃では、男女間で性関係を伴わない友達付き合いがあるようです。
                                                                             

女性の社会進出が進み、男性と対等に仕事をこなす人も多く、同じ価値観で会話をするので、異性を意識せずに付き合うことも出来るようです。
しかし、これは独身の間だけであって、大抵は結婚すれば疎遠になるケースが多いようです。
やはり、いくら仲が良いとは言え、自分の夫や妻が異性と親しくしているのはあまり良い気がしないためでもあります。
                                                                                        

また、そのようなことに配慮して、連絡を控える人もいるようです。
しかし、中には独身時代と同じ付き合いを求める異性もいて、そのような場合には勘違いから不倫や離婚などの問題に発展することもあります。
妻や夫も一緒に仲良くすればよいですが、友達と配偶者だけで遊びに行ったり、酷い場合には旅行に行ったりすることもあり、これはいくら肉体的な関係がなかったとしても、やはり有責となることもあります。

                                                                                    

それに、相手が既婚者だということも、きちんと把握しておかなくてはいけません。
自分がされて嫌なことは、他人にも嫌なことであり、そのようなことをするのは、相手の配偶者の尊厳を奪うことにもなりかねません。
きちんと説明をする義務が生じますし、結果的にはこじれてしまい、仲が悪くなることもあるのです。
こういう場合には、相手の配偶者も一緒に行動するなどの配慮が必要であり、誤解されるような行動は控えたほうが良いでしょう。